3.19.2018

由布岳

九州の山旅2
2018年3月7日~3月14日
member 伊藤記
由布岳。西峰と東峰

名物の樹氷
湯布院盆地

3月10日土曜日
好天の朝。道の駅湯布院の正面に朝焼けの由布岳がそびえる。全山が樹氷に包まれているようだ。
盆地のへりを走って正面登山口へ。土曜日で何台か車が並んでいる。樹氷の由布岳に登ろうという人だろう。

8時半スタート。薄っら雪の草原を行き、ジグザグで急斜面を登る。樹氷の灌木帯を抜けると霧氷とシュカブラの外輪山に出る。西峰へはクサリの岩場。雪がついているのでこわそうに見える。
11時ころ西峰到着。標高差は800mほど。眼下は湯布院盆地で湯煙りが上がる。南側に久住連山がよく見える。東は別府の海。阿蘇は久住山の陰のようだ。
火口は500m径ほどか、それほど深くなく、今朝は樹氷の庭園になっている。
西峰岩場

火口と東峰

西峰山頂

西峰からお鉢巡りのふみ跡があるのでついていく。さきほど抜かれた若い女性二人組もの。かなり危ない岩場を越えて東峰まで一時間。樹氷が垂れ下がっていてとても歩きにくい。東峰には岩場がないのでにぎやか。グル―ぷなど10人ほどがいた。
往路を下って2時には終了。
近くの由布岳温泉に寄る。調整が悪いのかぬるい。このあたり家族風呂が多くそういう習慣があるらしい。週末は観光の人が多いようだ。湯布院の観光細道を走り道の駅に戻る。そのまま休憩。三菱の軽ワゴンは居住性もよく車泊も快適だ。
以前パラグライダー旅行で庄屋の館から見上げた山がこれだった