7.22.2021

天狗岳(八ヶ岳)

佐久側から。森林軌道があった

7月18日 日曜日

member itokisya

登り5時間くらい

みどり池と稲子岳?と思ったら天狗岳だった。このあたり古い火山だらけ

すり鉢池あたりから天狗岳西峰と東峰

東天狗山頂。夏山日和


南清里道の駅は以前も寄ったことがあるが、とにかく寒いところ、冬。

夏はいい。起伏のある広い地形で、谷にあるので夏は日照が少なくて涼しい。


国道(佐久道)を走って松原湖経由リエックススキー場のさきで稲子湯の方へ曲がる。すぐにみどり池方面へ登る唐沢橋登山駐車場がある。


6時に着いたら数台先着していた。

初めてのルートで楽しみ。北八ヶ岳の森を行く。途中に森林鉄道のレールが残っているところがあってわくわく。


軌道跡は、何か所か登山道を横切っていて、しらびそ小屋のあるみどり池まで続いているようだった。


駐車場からしらびそ小屋まで標高差600m、2時間かかる。


しらびそ小屋は中村みつをさんの絵で見て一度来てみたかったところ。いいところでした。

北八らしいアプローチ

しらびそ小屋。元飯場かとおもったら元売店だった。森林軌道よりも登山道の方が古い

東の佐久側には金峰山や御座山。見事な樹林帯の中にみどり池

硫黄岳の爆裂火口が目前。こんど本澤鉱泉から行ってみたいね


小屋から中山峠までは標高差250mだが2時間。峠手前はモーレツな急登で、どうも火口壁をまっすぐ登っているらしい。

中山峠で八ヶ岳の主稜線にでていきなり人が増える。日曜日だった。


天狗岳へは火山岩が凸凹するあるきにくい道を行く。前も後ろも、横も好展望で夏山らしいハイキング。


東天狗岳(2650m)11時。

30分ほど休んで登ってきた道をもどる。

渋森林軌道。枕木まで残っている。残置されたのが謎。
諏訪側の原村にはガソリン車軌道があるよう


伐採時代の切り株が点々と残っている。十勝や椹島、屋久島みたい。略奪林業はいまできない。とはいへカナダ杉など外材はすべて略奪ものらしいのだ


軌道の地図写真。ネットで見つけた。以下のコメントあり。

この軌道の廃止は昭和34年の台風がきっかけでしたが、その後倒木処理などの関係で暫く使用、民間業者が使うような話があったため撤去されることなくうやむやになってしまったものと思われます。

昭和34年の台風とは伊勢湾台風かな。地図は営林署筋のものらしい

当時の写真。上りは馬、下りはブレーキかけながら下った。
松原湖の観光協会に展示されているらしい。そういえば西沢渓谷にも同じ軌道があった



みどり池で休んでいたら声をかけられた。植物写真の高橋修さんだった。ファンを数人連れている。奥さんの若菜晃子さんも有名だが高橋さんも活躍中のようす。

下りで長靴を履いた小屋のおばさんと一緒になった。小屋はその昔は売店だったという。そばに林業の小屋があったそう。森林鉄道やシカ害のはなしを聞く。どうもおばさんは僕と同学年らしい。

3時に唐沢橋の駐車場に戻った。

近くの八峰の湯露天風呂からは八ヶ岳の東面の連なりがよく見えた。

野辺山駅に寄ってから再び南清里道駅にイン。翌日帰京。梅雨明けの好天はまだまだ続く。


以下パノラグラム作品




笹子雁ケ腹摺山

笹子トンネルの真上にある

2021年7月17日 土曜日

member  itokisya 記




梅雨明けで好天がつづくらしい。涼しい風の吹く山へ行こう。

中央道大月で降りて旧甲州街道を笹子峠まで。戦前に開通した古風な笹子隧道、脇にパーキングがある。9時スタート。

ひとのぼりすると旧旧笹子峠、大昔から使われた古道だ。

そのまま尾根伝いに行く。右が笹子、左が初鹿野、勝沼で、切り立っている。

南風が爽やか。木々の間からあちこちの山が見える。富士山、三つ峠、本社ケ丸、丹沢。片方は八ヶ岳、金峰山、大菩薩嶺など。


10時過ぎて山頂。木が多く展望はスッキリしないが誰もいなくて静か。そのあたりぶらぶらして、新道ルートで下山。12時。終了。結局人には会わず。標高差は若干300mほど。


雁ケ腹摺山はこのあたりに3つある。

大峠から行く旧500円札富士山の雁ケ腹摺山、大菩薩の小金沢連嶺の牛奥ノ雁ケ腹摺山(長い山名で有名)。それとここ。今日も谷の向こうにみえたはず。


笹子隧道。凝ったデザインに見える
笹子峠。徒歩旅行者と牛馬の行きかった道



一車線の笹子隧道をぬけて初鹿野(甲斐大和)へ下り天目温泉に寄ってから信州へ。

酷暑の甲府をぬけて韮崎から佐久道。南清里道の駅着。

広くて涼しい。


6.10.2021

奥日光高山と戦場ヶ原

 奥日光高山と戦場ヶ原ハイキング

千手ヶ原、ミズナラの森がきれい


member マツクラ ハネダ itokisya記


2021年6月7ー8日 


上 戦場ヶ原 中 高山の麓 下 泉門池



白岡マツチアン亭からプジョー車で奥日光へ。9時に戦場ヶ原入口の赤沼茶屋(自然情報センター)でハネヤンと合流。梅雨前の好天で満開のズミと夏雲が爽やか。


竜頭の滝上からあるき出して高山へ。快適な尾根歩きで、右下に戦場ヶ原、左に中禅寺湖。湖から高山山頂までの標高差は400mほど。かなり急。

シロヤシオとミツバツツジが花ざかり。ズミ満開の小田代ガ原をまわって泉門池、湯川ぞいにたどって赤沼茶屋に3時過ぎ帰着。5時間ちょとのハイキングだった。


このあたりは2014年3月に同じメンバーでスキーツアーしている。冬も夏もいい。


湯元温泉釜やにイン。毎度のご利用でお酒などいただく。

上と中 千手ヶ原 下 湯ノ湖


2021年6月8日 火曜日


9時半の赤沼茶屋(自然情報センター)発の電気バスで西ノ湖入口まで、500円。

半分干上がった西ノ湖を見てから、ミズナラの大木が広がる千手ヶ原をぬけて千手ヶ浜へ。


浜に出ると急に人が増え、密になる。クリンソウが満開とあって花好きが集まったようだ。老人が多い。観光船できた人が多いのかもしれない。


千手ヶ浜から電気バスで赤沼茶屋へ戻る。

千手ヶ原のミズナラの美林は広くてちょっとほかにはないかな。尾瀬、上高地にまさる景勝の地だ。


清滝へ下ってヤシオの湯で解散。

また山へ行きましょう。


上 千手ヶ浜から男体山 下 小田代ガ原




6.06.2021

箱根外輪山

芦ノ湖スカイライン山伏峠あたり

Member ケン、ケイ、太郎、伊藤記

Date 6月4ー5日

小雨がぱらつく中、小田原厚木道路で箱根湯本、国道1号(箱根駅伝道)を上がる。のんびり寄り道しながら芦ノ湖湖畔の駅伝ゴール広場着。

平日の雨空でどこも空いている。


箱根神社でケン君の厄除け祈願をしてもらいランチ。このころ土砂降り。神事はけっこう本格で興味深かった。


強羅に下ってパイプの煙にイン。夏にも泊まったところで悪くない。


閑話休題。

白馬八方尾根に同じ名のスキーロッジがあったが?

まさか、ルーツはどうもそこらしい。いまも泣き山、あの辺りにあるよう。パイプの煙は白樺湖にもあって何度かつかったのだが。ほかにも軽井沢、熱海にもあって、大きく展開している。伊藤園や大江戸温泉などとはことなり自社ビルなのが立派。

ところで熊谷榧さんからその昔、八方尾根のパイプの煙と縁があったと聞いたことがあった。

近ごろはどうなのかなとネットでみたらモリのこと、山やスキーのことなどひさしぶりに面白い記事を読むことができた。

90歳をこえて元気らしい。スーパーウーマンだ。


モリが見つめた天地

http://h-kishi.sakura.ne.jp/kokoro-444.htm


山と、絵と、モリカズのこと。

http://asuhenokotoba.blogspot.com/2014/09/blog-post_4.html


熊谷守一美術館

http://kumagai-morikazu.jp/index.html



さて、

翌日。青空が広がって夏雲が湧く。

大涌谷を見てから(ハイキング道はもちろん遊歩道も立入禁止中)芦ノ湖スカイラインをドライブ。山伏峠(ヒツジちゃんのいるところ)でピクニックして写真を撮る。


太郎はあんまりあるきたがらない。

小田原に下り海沿いに走って午後に帰京。





6.01.2021

那須中大倉尾根と足尾銅山

シロヤシオ満開、昭和の足尾

member 太郎 ケイ itokisya記

date 2021年5月28-29日 

五葉ツツジ(しろやしお)

五葉ツツジ(しろやしお)

那須の茶臼岳と朝日岳

那須中大倉尾根

那須アウトレットで


5月28日金曜日

東北道西那須野ICでおりて県道30号で那須湯本。マウントジーンズのゴンドラで中大倉尾根に上がる。


シロヤシオが満開だった。2-3日前にNhkテレビで紹介があったらしい。それでか見物人が多かった。


那須アウトレットに寄ってから敷島牧場のフロらシオンにイン。ハネダさんとスキーにきたとき泊まったホテルでゴージャス。明日結婚式があるらしい。

このあたりが鉱山の中心だった。通洞地域

等身大人形があちこちでおしゃべりする

精錬所旧景。
毒煙りをうすめるために煙突を高くして拡散する。日立の銅山はそれでうまくいったというが本当か

旧精錬所あと

足尾(渡良瀬川)の堰堤上。洪水で汚染土が流れるのを防いだ。後からの対策。
バックは日光の社山あたりか。こないだ半月山からしろちゃけた足尾の山が見えったけ




5月29日土曜日

県道30号で矢板から日光へ。日足トンネルをぬけて足尾町へ。



足尾銅山観光で坑内など見学。見渡すかぎりの山に坑道があったらしい。山は伐採と煙害と洪水で裸地化したという。下流で起きた鉱害はよく知られている。旧銅山は古河財閥のもので今はわずかな遺構と昭和の町のおもかげが残るだけ。

あの渡良瀬遊水地は、足尾鉱毒事件の対策のひとつだったという。


渡良瀬川沿いに上って松木沢の大きな砂防堰堤までドライブ。とくに土砂崩れと洪水で毒水が流れ出したらしい、堰堤は後手ながらそのため。そういえば松木沢はアイスクライミングで有名だね。


草木ダム、黒保根と下って大間々から北関東道で佐野経由東北道で帰京。

感想

北海道や九州の旧炭鉱にも足尾のような昭和の遺構と空気があるけれど、炭鉱の場合は石炭を掘って出すだけだから鉱害は少なかったのだろう。銅山は精錬で毒がでるから始末が悪かったということかな。

炭鉱の煙突は、動力のためのボイラーの排煙が目的らしい。足尾など銅山の煙突からは亜硫酸ガスが出たらしい。







5.23.2021

弘法山公園から箱根、江ノ島

 弘法山公園から箱根、江ノ島


はこね金太郎ラインも走る


インスタに載せた今回のパノラグラム


2021年5月20日 木曜日 

member  太郎 itokisya 記




5月20日 木曜日

弘法山

最近届いたJTBのガイドブックにでていた。以前秦野の焼却施設横の温泉によったとき裏山からハイカーがくだってきたのをみたけれどあれが弘法山だった。太郎と山歩するのにはちょうどいいかな。

権現山とともに弘法山公園として整備されている。春は桜山で、トレランのひとが多いらしい。今日は天気も悪く十人もいなかったが、こんな日は稀だろう。緑の濃い静かな山だった。

弘法山公園権現山
 
これにのっていた。itokisyaの記事も数本あり

太郎も歩いた






足柄金太郎道の駅

こないだできたばかりだそう。行ってみた。開成町の先、南足柄市にある。神奈川県で4番目の道の駅。地元のひとがおおかった。ごく普通の感じ。ラーメンうまかった。

新設あしがら金太郎道の駅


はこね金太郎ライン

道の駅から、県道78号(超古道足柄峠越え)を行き派生する県道731号のこと。こないだ開通したばかり。金時山の南をトンネルで抜けてちょっと下ると箱根仙石原にでる。もともとあった林道をリメイクしたもので、1.5車線のクネクネ道でちょと危ないかも。


東名大井松田ICから箱根入りがかんたんにできるので利用価値ありと思うひともいるはず。

トンネル手前の展望駐車場からは、箱根外輪山稜線まですぐなので、金時山へは45分くらいで登れる。最短ルートなので利用価値ありと思うひともいるはず。

ここが分岐で山へ登る

ここからハイキングできる。トンネルの土被りはほんのわずか

ハイキング地図

はこね金太郎ライン。
まだgoogolマップにもでていなかった。



芦ノ湖の町営駐車場で車泊。海賊船のりばの前、箱根駅伝のゴール&スタートのところ。箱根峠道の駅も近いがここのほうが静か。夜半雨になった。



5月21日 金曜日


朝から雨風。箱根峠経由湯本へ下る。朝から弥坂湯でのんびり。金湯山早雲寺を外から見る。北条氏の菩提寺。

貸し切りだった。駐車場は下の早雲寺で

早雲寺

江の島神社

温室植物園の地下遺構。ボイラー室など
          
稲村ケ崎、材木座方面と手前は江の島埋め立て地


江ノ島へ移動して2時間ほど見て回る。昼ころ超強風。神社や仲見世通りも面白いが、山上の植物園や荒磯など楽しい。明治時代に英国商人が作ったというレンガ造りの大温室遺跡は地下室も見られて興味深かった。


横浜新道、第三京浜で夕方帰京。