movie

Loading...

2.27.2016

アグン登山2

アグン登山 2
ニョマンガイドのはなしほか
レゴンダンサーと甥のレオ

レンボンガン島

リーフでシュノーケル

スピードボート

2月24日
前日アグン山に登った。さほど疲れは感じないが明日あたり筋肉痛になるのかもしれない。
レンボンガン島へスピードボートで渡り、小船でリーフ内を巡りシュノーケルする。絵に描いたような熱帯の海だった。無数の小魚が泳いでいた。成都から来たカップルとオーストラリアの夫婦といっしょ。前日に電話でロッキーに頼んだツアーでホテルピックアップ付島往復で50ドル。シュノーケルツアーは船に乗る前エントリーして25ドルだった。

午後は長兄の家に行く。レゴんダンスレストランで夕食。

ニョマン(Kadek Noni)

バリの牛は小さくてかわいい

マリーゴールドの畑

アグン山ガイドのニョマン(Kadek Noni)さん

プサキ寺のアグン登山口に脇にあるこの家がマイホームです。僕は25歳(27歳だったかな)ですが子供が多く大家族です。BML Tour & Travelのイノウエさんアユさんとのつながりで日本人の登山を手助けしています。日本語は話せません。
山へは100回以上登っています。トレランのつもりで登れば3時間、下りは2時間というところです。
家は農家。畑は野菜のほか花を栽培しています。エーデルワイス、マリーゴールド、レモングラスなど、バリの人が神さまに供えるための花です。
ほかに牛を10頭ほど飼っています。ヒンズーですから食べるのではなく働く牛です。
アグン登山は夜間登山がよいです。天気が安定していてなにより暑くないからです。夜登って朝下山するのがベストです。
標高が高いことや深夜登山であること、天候の具合などによって登頂できない人がたくさんいます。
Bコースがいいですが、自信がない人は別ルートのAコース(以下)やバツール登山をおすすめします。

アグン山 Aコース 
☆ 最少催行人員:2名様より~簡易朝食、昼食1回込み
☆ ツアー時間  :夜10時以降スタート ~ 翌日午後2時、3時頃まで
☆ アグン山登山100回以上の経験豊かなガイドがご案内します。
☆ 準備いただく物:登山靴・帽子・手袋・長袖(ニットなど)
          長ズボン・防寒具・リュックサック・着替えの服・ヘッドライト
          雨具・虫除けスプレー等
☆ こちらで用意する物:専用車 (ホテル出発からホテル到着まで)
              軽食、ミネラルウォーター、救急箱、
                      バリヒンズー教に基づき、お祈りに必要な御供え物、線香。

 * 登頂時間の目安:
   40歳以上 約4時間-5時間
   39歳以下 約3時間-4時間
 ☆ ツアー料金 :お一人様¥12,000


アグン山 Bコース  

☆ 最少催行人員:2名様より~簡易朝食、昼食1回込み  
☆ ツアー時間 :夜9時以降スタート ~ 翌日午後2時、3時頃まで
☆ アグン山登山100回以上の経験豊かなガイド(ニョマン)がご案内します。
☆ こちらで用意する物:専用車 (ホテル出発からホテル到着まで)
軽食、ミネラルウォーター、救急箱、 バリヒンズー教に基づき、お祈りに必要な
御供え物、線香。   
」  
☆ ツアー料金 :お一人様¥15,000 ただし二名様より催行   
*お一人様のみのお申し込みの場合、¥22,000になります。    
 
* 登頂時間の目安:
40歳以上 約7時間-8時間
39歳以下 約6時間-7時間

砂浜からはだしで乗船する

ぐちゃぐちゃな宿群

白人と中国ヒト多い

ロッキーの送迎ドライバー、マデ・スミアサさん

私は今年43歳になります。レンボンガン島の出です。レンボンガン島と行き来するスピードボートはロッキーのほかにたくさんありますがうちのがいちばん大きくて早いです。持ち主のロッキーの社長は私と同じ年でレンボンガン島出身、おさななじみです。
送迎車の仕事はフリーランスですが、そんなつながりでロッキーの仕事をやています。ロッキーは日本語に対応していないので、白人や中国人の客が多いです。
この車はロッキーのものではなく、自分のというか、ほんとは親父のものです。それを借りて商売しています。
車の運転が好きなので楽しいです。御客さんと話するのも楽しい。
レンボンガン島の生まれた家は農家で魚も取ります。じじ、ばばは75~76まで長生きしました。もう亡くなりました、このあたりではお墓を作らずに海に散骨します。親父はまだ元気です。

親父はもともとレンボンガン島とバリ島を行き来する船の船頭でした。今はスピードボートで30分で島へ渡れます。地元が使う安い船だと1時間ほどです。親父の船は丸1日かかました。帆を張りますが、オールでも漕ぎます。
風ないときや風向きの悪いとき、潮の強いときは大変だったんです。子供のころ親父の船に乗ってよく手伝ったものです。

子供のころはレンボンガン島に観光の宿などありません。オーストラリア人が最初に小さなホテルを建てたのが始まりかな。今は小さいものを入れると100軒以上あるでしょう。
仕事柄バリ島はどこも知っていますが、私のおすすめはレンボンガン島ですね、やはり。

40年前以上、バリ島に初めて来た時、1日小旅行でクルーザーでどこか近くの島へ行ったことがあった。ヨットはオーストラリア人のものだった。浜で魚バーベキューを食べたが生臭かったのを覚えている。あれはどこの島だったことやら。


宿のとなり大通り。奥でカモ待つ詐欺師

ショップ

ツーリストトラップ

昔は、バリ島には悪い人はいない、と言われたそうだ。南国の楽園だから。
今では、ひったくりまであるというし、親切ぶった押し売りも多い。クタや浜辺の土産ものやは値札がないのが当たり前、かけひきだけで買い物をする。気が弱い旅行者はぼられるのがオチだ。すれっからしの店員が多くいい人には見えない。そんなやりとりが楽しいというツーリストもいるが。

ハワイやネパールなどとおんなじにバリ島は世界有数の観光地だからトラップも多い。
ホテルの脇に移動トイレのような両替屋があって、看板をみるとレートがいい。1万円を12万ルピアに変えた。中華レストランでランチしてもう一度数えてみると6万ルピアしかない。ふざけるな、と店に戻り大クレーム。なんとか1万円札を取り戻した。
ガイドのアユさんや他にも聞くとこの手品サギは有名らしい。
ミソは1000ルピー札ではなく500ルピー札で両替するところで、枚数が多いので2つに分けて数え、カウンターで最後に客に渡す直前に自分の膝に半分を落とすということらしい。クタや浜辺の小さな店は危ないという。
アユさんが連れていてくれたBMCという構えのいい店はレートもよくてスタッフも数人いてそういう店がいいという。計算書にサインは求められなかった。500ルピー札を出すところや客に領収のサインさせるところは怪しいところかもしれない。